水からの伝言(vol3)
型番 801
定価 2,916円(税216円)
販売価格 1,080円(税80円)
購入数

世界17ヶ国に翻訳、世界初の水の氷結結晶写真集「水からの伝言」シリーズ3作目!
 自分を愛することは、すべての存在への愛と感謝にる。

【内容(抜粋)】
祈りのかたち。わたしたち日本人は「祈り」の行為をデザインでしなさいという命題を受けたら、誰でも両手を合わせた合唱の形を描くと思います。
 海外の方も風土や宗教によって、その形は若干違うことはあるにしても、ほぼ同様の形をみなさん選ぶことでしょう。
 でもなぜ手を合わせることが、祈りに結びつくのでしょうか?それとも世界的にほぼ共通の風習としてあるのは、なぜなのでしょうか?
 人間というものは、何か根拠のあることでなければ、それを習慣化しません。きっとなるほどと思わせる何か理由があるはずです。
 それをわたしなりに理解したのは、エネルギーとは波動で、波動とは共鳴によって継続されるという考えに至ったときのことです。すなわち個ではエネルギーは発生しないわけです。
 右手だけではエネルギーの対流はままならず、左手を合わせてはじめてスムースな対流が生まれるのです。
 そして、古代の人々はきっと太陽の光エネルギーを、両手を大きく広げて受け、それを祈りとして他に発信するとき、その想いのエネルギーが純粋に発信されるよう静かに目を瞑り、手を合わせて祈ったのではないか、とわたしは理解したのです。
 この章では、祈りに関するテーマの実験から、たまたま得られた、手を合わせた「祈りのかたち」を持った結晶写真をご紹介します。
 これがたまたまであるのか、なるべくしてなったのか、あなたはどう思われるでしょうか。




この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける